リラックスできて足が疲れにくい掘りごたつ

リラックスできて足が疲れにくい掘りごたつ

居酒屋には和の雰囲気を持つ店の作りが多くありますが、
お店によって座席のタイプが異なります。
例えば、五反田駅周辺の居酒屋の個室は堀ごたつや座敷など宴会向けの場所が多いです。

 

和の雰囲気を持つ居酒屋で多くみられる席の作りが、掘りごたつタイプです。
和のお店を訪れるとその座席はテーブル席ではなく座敷の席が多いのですが、
座敷よりも掘りごたつの座席を取り入れるお店の方が多く見られます。
座敷は自宅にいるような感覚で過ごせるメリットがありますが、
掘りごたつのメリットは適度なリラックス感が得られることと、
座っていても足が疲れにくいことです。

 

通常テーブル席に通されるときは靴を履いたままで過ごすことになるのですが、
靴の種類によっては足の締め付けがきつくて長時間履いていると足が疲れてしまうことがあります。
特に女性はオシャレで足の先が細い靴やヒールの高い靴を履いたりする機会が多く、
それを長時間履いていると足も圧迫されてしまい足が疲れてきます。
堀ごたつなら基本的に靴を脱いでから座席に座りますので靴による締め付けがなくなり、
自宅にいるときのようなリラックスして過ごすことができるのです。
また掘りごたつなら長時間座っていても疲れにくいのです。
座敷席の場合、足を投げ出す場所に困ります。
男性ならあぐらをかく、女性なら足を片側に投げ出すか正座で過ごすことになりますが、
どの姿勢も足の一部分が圧迫されてしまうため長時間行っていると足が疲れる姿勢ばかりです。
掘りごたつならテーブル席に座っているときのように足を締め付けることなく過ごせますので、
長時間座っていても足が疲れにくいのです。