二次会を考慮して居酒屋を選ぶ

二次会を考慮して居酒屋を選ぶ

例えばあなたが幹事を任されたのは、職場の忘年会だったとしましょう。
料理が美味しく、居酒屋の雰囲気もよく、
予算内におさまり、十分に盛り上がった状態で終了時間を迎える事が出来ました。
忘年会自体はそれで成功だと言えますが、
忘年会が盛り上がれば盛り上がった分だけ、まだ飲みたい。
もう1件行きたいと、二次会を希望する声も上がるでしょう。

 

その場の雰囲気次第で、忘年会だけで終わってしまうケースもあります。
しかし居酒屋選びは、二次会がある事を考慮して選ぶようにしましょう。
コチラの居酒屋で忘年会をするなら、横浜の他のお店についても調べておいたほうが良いかもしれませんね。

 

まず理解しておきたいのは、二次会は一次会よりもお店選びの難易度が高いという事です。
なぜかというと、二次会に参加する人数は、当日にならないと分からないからです。
さらに二次会参加メンバーの顔ぶれや、
酔っ払い具合を見て、素早く適切なお店を選ぶのは、臨機応変さが問われます。

 

二次会の大前提として、一次会の会場から近い事、
そして二次会は目的を明確にしておきましょう。
もっと食べたいのか、もっと飲みたいのか、
まだ話足りないのか、騒ぎたいのか、目的によってお店選びは異なるからです。
そして一次会で会費を支払っているために、
二次会では参加者の懐事情を考慮して、費用を抑える必要もあります。

 

これらの二次会の条件に該当するお店をいくつかピックアップしておき、
一次会の流れを見ながら二次会のお店を選ぶという訳です。
二次会の幹事は頼まれていないとしても、
基本的に一次会の幹事がそのまま二次会の幹事なるケースが少なくありません。
そのため急きょ、その場のノリで二次会を行う事になった場合に焦らないように準備しておきましょう。

 

一次会の居酒屋選びの段階で、
二次会のお店選びも考慮しておく事をお勧めします。